くるまの職人netブログ

おすすめ作業の紹介やエピソードなどをブログ形式でお届けします。
くるまの職人net社長の商いブログが定期連載されています。
各種作業の名人や匠を取材した特集ブログなどを企画しています。
お客様の声を紹介したり、本サイトに関する質問にもお答えします。

カーフィルムの特長

特集・くるまの情報
カーフィルムの特長

車の窓ガラスの内側へカーフィルムを貼ることにより、車内は様々な効果を発揮します。
カーフィルムの特長や効果は主に次のとおりです。
尚、製品の種類によって効果の度合いは異なります。

●特長や効果
・プライバシー保護・盗難防止対策
カーフィルムを施工することにより車内のプライバシーが保たれます。
外側から内側は見えにくく、内側から外側は見えやすいのが特長です。
車上荒らしの防犯対策にも効果があります。

・UV(紫外線)防止
夏冬問わず直射日光のUV(紫外線)による肌の日焼けを防止します。
ガラスにフィルムを重ねた際の透過率が法定基準をクリアしていれば、
運転席と助手席の窓ガラスにも(透明のUVカット)フィルムを貼ることも可能です。
インテリアの日焼けによる変色、退色を防止する効果もあります。

・防眩効果(直射を遮る効果)
後続車の眩しいライトや日の出日の入り時の日光を遮ります。
フロントガラス全面に貼ることはできませんが  法律で認められているガラス上部へサンシェード施工(部分貼付け)をすることにより、前方からの眩しい光を遮ることもできます。

・夏の冷房効率・冬の暖房効果改善
断熱フィルムを使用した場合、高温側から低温側へ移動する熱(熱伝導の法則)を遮るため、夏は車内が涼しく、冬は暖かく保ちます。
特に冷房を使用する夏は燃費にも効果が出ます。

・ガラスの飛散防止
事故などで万が一ガラスが割れた場合でも、車内外に破片が飛び散ることを防ぎます。非常時に備えた安全性を高めることができます。

fm9g7oeyxgx2d7mwoexx_320_400-b3dfb799.jpg

●主な施工工程
1.カットマシーンを使用し、車種別の型に合わせてカーフィルムを切り抜く。
 イレギュラーな箇所はカーフィルムをガラスに合わせてカットする。
2.リアガラスはカットしたカーフィルムをガラスの上に乗せ、ヒートガンで熱を加えながらガラスの曲面に沿うように成型する。
3.ガラスに専用水を吹きかけ、ほこりや空気が入らないように慎重にフィルムを貼り付ける。
4.専用のヘラで外側に向かって水分を追い出し、埃や気泡が入っていないことを確認する。

カーフィルムはカー用品店をはじめ、通販サイトでも購入をすることが可能です。
但し、専門店に依頼するよりも安価に済む一方で、埃やゴミによって気泡が混入したり、窓枠に収まらなかったりなどのリスクも高くなります。
理想に合った効果をより長く持続させるには専門の職人に相談することをおすすめします。
4nhfe4pic7k6fhj7775t_320_400-6a5f4682.jpg

カレンダー

2022/5
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近のエントリー

タグ

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です