くるまの職人netブログ

おすすめ作業の紹介やエピソードなどをブログ形式でお届けします。
くるまの職人net社長の商いブログが定期連載されています。
各種作業の名人や匠を取材した特集ブログなどを企画しています。
お客様の声を紹介したり、本サイトに関する質問にもお答えします。

「コロナなので…」「しょうがない」でいいのか?

くるまの職人社長の商いブログ
くるまの職人net社長の商いブログ13

「コロナなので…」「しょうがない」でいいのか?


私は「しょうがない」という言葉が嫌いなので使わない(ようにしてきた)。

世間ではたまに「しょうがない」をよい方向へ切り替えるときに使われるが、たいがいは「ガマン」したり「諦める」ときに使う言葉(だと思うから)だ。

いまはコロナなのでしょうがないと思うが、あっ、いま「しょうがない」をもう使ってしまった。(笑)
うぅ~、だからといって「コロナなので…」の次の言葉が思い浮かばない。(笑)
どうやら私の頭の中では、「コロナなので…」と「しょうがない」がいわば同意語になっている。(笑)

思いつきだが以下は「コロナなので…」と「しょうがない」が同意語的になっている一例である。
・仕事が延期になった。(コロナなので…)(しょうがない)
・オフィスに出社したが人がいない。(コロナなので…)(しょうがない)
・給料が減った。(コロナなので…)(しょうがない) ※それでいいのか?

便乗して使われているケースもよく耳にする。
・彼氏ができない。彼女ができない。(コロナなので…?)(しょうがない?)(笑)
・電車の遅延で遅刻した。(コロナなので…?)(しょうがない?)
  ※「寝過ごし?」もしくは「運がない」のではないか?
・カレーの具に肉が入っていない。(コロナなので…?)(しょうがない?)(笑)
※もっと切実な家庭の事情か?(苦笑)

これだけ堂々と「コロナなので…」が使えるのはある意味「しょうがない」よりも便利だ。
ただし、この「コロナなので…」も結局は「ガマン」したり「諦める」ときに使う言葉なので、私としては嫌いな言葉のひとつとして使いたくない。

そうは言っても現在はコロナなので、あっ、いま「コロナなので…」をもう使ってしまった。(笑)
果たして「コロナなので…」や「しょうがない」を使わないように自ら「ガマン」するのは意味があるのか?(苦笑)


いずれ収束すれば「コロナなので…」は使えなくなるので、いまのうちは自由に使うよう改めることにした。(笑)
ついでに「しょうがない」を言わずにガマンするのもストレスが溜まるので、今後は自由に使うよう改めることにした。(笑) しょうがない。(笑)


くるまの職人net 代表 木村光宏

g3hdcrnf65y9k9ajdou7_320_400-a8346d4f.jpg

カレンダー

2021/11
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最近のエントリー

タグ

アーカイブ

ページ先頭へ戻る
読み込み中です